無料電話相談はこちら歯科HP会社・歯科医院の方はこちら

東京都新宿区岸本歯科医院岸本幸康先生|インプラントDr.インタビュー

新宿インプラント名医岸本Dr.インタビュー

「私の考えるインプラント治療」とは

インプラントDr.インタビュー
東京都新宿区インプラント
新宿 岸本歯科医院院長 岸本幸康先生

新宿インプラント岸本先生
【所属団体・学会】
日本口腔インプラント学会専門医
日本先進インプラント医療学会 専門医・評議員・指導医
バイオインテグレーション学会評議員
日本顎顔面インプラント学会


新宿御苑駅近くにある岸本歯科医院では、患者さんに負担の少ない治療を行なう為に「日本口腔インプラント学会」の専門医を取得し、「日本顎顔面インプラント学会」「日本先進インプラント学会」など様々な学会、勉強会に可能な限り出席し、インプラント関連の講習会に積極的に参加。
論文発表や、常に最新の情報を取り入れています。
知識や技術に対する投資がインプラント治療においては最も重要だと考えていますので、シンプルな治療をお考えの方、全ての治療を院長に行なってもらいたいという患者様にはマッチする歯科医院です。
決して無理のしない治療を心がけ、日々患者さんと向き合ってます。
治療をお考えの方はまず、「公式HPのインプラント概論」を参考にしていただくと良いかもしれません。

http://www.kishimoto-shika.com/introduction-to-implant.html

全ての治療に拡大鏡を使用し、抜歯やインプラント治療など、精密、正確さに定評がある先生です。

インプラント治療での歯医者選びで、特に気をつけた方が良いという点はありますか?

私の考えとして、時には(ケースによっては)「インプラント治療をお断りする勇気ある決断も大事」という事を患者様に知ってもらいたいということです。
オーバートリートメント(医師の技量を超えた治療)は歯科選びでは特に注意しなくてはなりません。
骨が薄い、骨幅が無いなどといった難度の治療を要する患者様の場合、治療を行なう歯科医師にも大きなリスクがあるということです。
インプラント治療を行なう術者は「技量の限界」より更に手前の「安全な部分(セーフティーゾーン)」の範囲で治療を納めなくてはなりません。
事前に患者様ご自身にも歯や骨の状態をしっかりと把握していただき、技量の範囲で治療を行なってくれる歯科を注意して探す様にしてみてはいかがでしょうか?

インプラント治療において先生の医院の特徴を教えて下さい。

まず、「長い期間しっかりとインプラントが維持出来る様に埋入する事」を念頭に置いています。
患者様の口腔内の状況があまり良くない場合や、インプラント治療に向かない場合には、理由を丁重にご説明させていただき、お断りさせていただく場合もあるのですが、骨造成が必要な治療の場合には
「国産のインプラントが向いている」というご説明を患者様にはさせていただいております。
この私の研究論文が「世界最大規模の医療研究情報サイトNEWS RX」 に取り上げられました。
参考PDF → こちらをご覧ください  ※ google翻訳などで訳してもらえば分かりやすいです。
当医院では「ソケットリフト法という」患者様の身体や治療患部にに極力負担の少ない低侵襲な治療法をご提供させていただいております。

なるべく(可能な限り)骨移植などを行なったりせず、インプラントメーカーの特徴と性能を精査し、
患者様の治癒力で、決して無理をせず、ナチュラルな治療を行なう事が治療においての大きな特徴です。

先生がインプラント治療を行う際に注意している点を教えて下さい。

当院でCT撮影も行なえる様になりましたので、より「安心」「安全」に配慮して治療を行なう事が出来る様になりました。鼻腔の自然孔が写ることが条件で、導入するCTを決めました。この自然孔が撮影できないCTもあるのです。上顎のインプラントなどでは、少しでも上顎洞の炎症の可能性が少なくなるように考慮して治療を行います。
それと、「決して無理をしない様に治療を行なう事」に配慮していることでしょうか。
無理な治療を行なうと、術後のメンテナンスにも無理が生じ、インプラントをトラブル無く長期維持するのに支障が出てくる場合もあるからです。
よって当院では骨造成を行わないインプラント治療をモットーとしています。
治療を受けていただいた方にも安心してもらえる治療を普段から心掛けております。

歯医者さんによってインプラントの値段設定が違っていたり、価格が分かりにくい所も多いですが、先生はどのようにお考えですか?

ただ価格が安いから質が悪いとか、価格が高いから質が良いとかでは無いと思いますが、
過大広告や、見た目の価格のインパクトだけで安易に決めない様にしてもらいたいです。
「インプラント屋さん」であれば、
一般治療が不十分のまますぐにインプラント治療・・・・
虫歯などの治療は他で行なって下さい・・・・
などというケースも最近は良く耳にします。
「歯周病」「虫歯の治療」「歯槽膿漏」「噛み合わせ」などのお口の中の状態を全て含めて
初めて「インプラント」という治療が成り立ちます。決してインプラント治療を単体で考えるのではなく、
すべての治療をしっかりと行なえるという事を考えるのが望ましいと思います。

安心してインプラント治療を受けてもらうためには、どれぐらい症例数をこなしているのが望ましいですか? 難症例などの実積もあれば教えてください。

症例の数は多いに越した事は無いとは思いますが、インプラントの長期維持を考えてインプラントメーカーを選択しているか?
骨造成にはどのインプラントが向いているか?
比較的骨と結合しやすいインプラントを選択しているかどうか?
などの勉強や研究をしっかりと行っているかどうかがが大事だと思います。

難症例は行なえる技術は十分に持っていても、あえて難症例を行なわない先生もいますので、しっかり自分に合うインプラント治療を行なってくれる先生(歯科医院)を捜す為に精査しなくてはいけません。

これからインプラントを行う患者さんに一言お願いします

岸本歯科医院では、院長の私、岸本が最後まで一貫して責任を持って治療を行なう歯科医院です。
当医院はインプラント治療だけに特化したクリニックではありません。
インプラント治療を成功に導くには、歯科医療すべての知識と技術が必要です。
インプラントを顎の骨の中にうまく埋入するだけではインプラント治療はうまくいきません。
インプラント治療開始前の歯周病や虫歯の管理、また噛みあわせについても考慮する必要があります。
インプラント治療後はご存知の通り、経過観察と同時に歯周病と噛みあわせの管理をはじめとするメンテナンスが大変重要です。
当院ではインプラントの埋入手術だけではなく、インプラント治療開始前や治療後の歯周病やかみ合わせの管理について、私、院長の岸本が責任をもって必ず担当治療いたします。
インプラント治療だけでなく、オールセラミック治療でも多くの患者さんにお越しいただいております。

すぐにインプラントが出来る状態でない場合は、きちんとやるべき治療を行なってからでないとインプラントが長持ちしなかったり機能的なトラブルが出てくるのは皆様もご存知かと思いますが、
当院は、
①可能な限り骨移植を行なわない。
②可能な限り低侵襲(腫れや痛みの少ない)な治療。
にこだわってきたおかげで、現在まで大きなトラブルも無く治療を行なってくる事が出来ました。

最近ではネットで検索される方も多いと思いますが、デンターネットでも良いコメントを頂き患者様には大変感謝しております。くれぐれも、ホームページの見た目やお値段だけで考える事無く、いろいな先生ときちんと向き合って話しをしてからインプラント治療に臨んで下さい。

抜歯を伴うインプラント治療、痛みの少ない治療、オールセラミック治療をお考えの方はお気軽にご相談いただければと思います。

詳しくは、東京都新宿区岸本歯科医院インプラント医院詳細ページをご覧ください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2020 JapanImplant P.A
タイトルとURLをコピーしました