インプラントトラブル相談室

インプラント治療を失敗しないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




「インプラント治療において患者さんが選ぶべき歯科医院とは?」

インプラント治療のポータルサイト
「インプラント名医検索システム」へのご訪問ありがとうございます。

主宰者の小澤と申します。
私自身2006年から10年近く
いろんな歯科医院さんのホームページ制作を請け負う事がきっかけとなって、歯科との接点ができました。
元々広告代理店を経営しており、歯科業界の広告事情、医療系ホームページの制作などにも知識があります。
高度医療機器販売の免許を取得し、歯科材料屋としてインプラントの販売なども行ったこともあります。

並行して歯科などの医療系コンサルティングを請け負いスタッフ面接・スタッフ教育、ミーティングを行い、数々の歯科医院など様々な医療機関の事務長を経験してまいりました。

ある時は、歯科スタッフとして厚生局の個別指導にも立ち会ったり、
ある時は、患者さんのクレームの対応をしたり、
ある時は、歯科治療費の未収金を回収したり、
ある時は、歯科の経営再建(回復)のコンサルティングをしたり、
ある時は、インプラント製品のメーカーごとの特徴(長所、欠点、構造)の説明を歯科衛生士や歯科助手に説明したり。

一番多かったのは、インプラント患者さんの治療前、治療後においてのメンタルケアで多くの患者さんや先生方と接する機会に恵まれた事です。


このサイトを作ったきっかけは?

ある有名病院の医師の先生に「インプラント治療専門のポータルサイトを作ってみたいのだけど?」とサイト立ち上げの相談をしました。
「噛む機能を回復することができるインプラント治療はとても良い治療だということを知り、だけども一部ではインプラント治療は本来手術であるべきなのに、治療を簡単に考え、診断もそこそこで治療に踏み切る先生がいてトラブルが絶えない状況で困っている人も多い。お金で掲載できる口コミサイトやランキングサイトも存在する。でもこのようなことは誰もやったことがないし、患者さんのトラブルなどに対処できる人が居ないのが現状です。」と説明したところ、「じゃあ君が是非やりなさい!やるべきだよ!」との意見をいただきサイト立ち上げの決意をしました。
この時、私は初めて医師は医師でも歯科医師は違うカテゴリーなのだということを知りました。
「全身」と「口腔専門」との境界みたいなものを感じました。

2009年に一般人、弁護士や司法書士などの各士業のネットワークを広げつつ発足を決意し、このサイトをオープンしました。当時は並行して本業でネット通販などを行っていたので、歯科医院などの医療系ホームページを請け負いながら、ある程度、歯科知識を勉強する事ができました。それから歯科医院の事務長を掛け持ちし、現場で患者さんとも接する機会が増えて、この歯科業界に足らない部分を模索し、他の歯科医院との差別化を図り、健全な歯科経営をサポートしてきました。

そこで一番最初に取り組んだのが「治療承諾書」や「見積書」などの書面と「患者さんへの説明」です。
治療技術を探求する先生は数多くいたのですが、こうした患者さん向けの法務などのアウトラインは非常に弱く、中にはメモ書き程度の所もあったので、それを改善しなければ!と思い、患者さんがインプラント治療を受ける際の気をつけるべき点を記載したチェックリストを作成し、多くの歯科医院に導入して参りました。
歯科医院内では、治療をお考えの患者さん、不安のある患者さん、治療が終わったばかりの患者さんにご説明を行うなどの業務を行ってきました。

並行して、当サイト専用相談の電話回線を引いてインプラント治療の際の注意喚起、歯科医院の選び方のアドバイス、治療トラブル患者さんの相談を行うと同時に、このインプラント治療という良い治療法に対しての普及啓蒙の活動をして参りました。

長年数多く先生方を見ていると、中には、患者さん心理を度外視した利益優先主義の先生に遭遇したり、嫌味な先生に会ったり色々ありました。
中には「素人がこんな迷惑な活動を・・・」と煙たがられたりというのもありました。
中には「ウチを一番上に表示してくれ」と言われ、断ったところ、資金力にモノを言わせて当サイトと似たような名医という名が付いたサイトを業者に作らせたりする歯科医院もありました。さすがに自分で自分の事を名医と言うのはちょっとねえと思いますが。
(「インプラント名医」と検索して出てくる→歯科医院に辿り着いたところがそうです。)

幸いなことに、私は思っていたよりも良い先生に巡りあう方が多かったと思います。
もちろんそれは、嫌な先生にもたくさん遭遇したからこそ言える事です。


先生にも色々な先生がいる

休みを削って勉強や、出張オペに呼ばれる休みもほとんどない先生。
無駄な遊びは高額な買い物は一切せず、年一度ユニットと2年に一度CTを買い換える先生。
最初は真面目な先生だったが、インプラント患者が増えて現金が入るようになって人が変わってしまった先生。
治療をしてトラブルを抱えると一切表に出てこない先生。
術者がリラックスできる状態で!と言いながら、医科とは大きくかけはなれたジャージ・短パンなどの服装など清潔感のかけらもない先生が治療を行う診療室。
院内が趣味のサーフボードを複数飾ってあったり公私混同の診療室。
クルーザーや車、女性関係など権威自慢しかしない先生。

などなど。ここには書ききれません。
この業界の仕事に携わって思ったのが、歯科業界は医科と比較されることが多く、より医科を意識して歯科技術を向上させるとなると、歯科知識や技術だけでなく、全身医療に発展していきます。
別に診療自体は不真面目にやっているわけじゃないから良いでしょ!という意見もありますが、本当に真面目な先生は、「意識も時間の使い方も凄い!」という感を受けたのです。
より歯科が医科に近づくには、このような先生の存在がとても大事ということを身を以て感じたのです。


類似サイトにご注意ください

今では、数多くの歯科関連サイトや雑誌が、当協会のページを参照し、
似た様な構図を用い、似た様なコンテンツでネット上で目にします。
過去に記事となった週刊誌のコンテンツも当サイトをご参照していただき大変に嬉しく思います。

私達が行ったことにより始まった
「ポータルサイトでは初『使用するインプラントメーカーなどを記載』したサイト」
「患者さん用の治療相談時に使えるチェックリストの配布」
 ⇒ チェックリスト配布

※それぞれの医院さまで改良していただきチェックリストの導入も増えてきました。
などの事はこれからももっと普及していくと思われます。

良いことしか書いていないサイトには注意が必要です。
インプラント治療のメリットやデメリットは、ごくごく一般的な事なら素人でも書けると思います。
この世の中は「不定愁訴」の塊です。
インプラント治療を行なって、「本当に何も問題無い患者さん」であっても、ネットを調べることにより、自分とは全く関係ないにも関わらず、不安要素を拾い、勝手に病気(神経質=神経症)になっていきます。
そうした患者さんは、「私の気持ちを分かってくれる医院・先生を探す行動」を取るようになり、あちらこちらの歯科医院に行くはするものの、なかなか治療に取り掛からない方もいます。
「インプラント名医検索システム」は、メリットについても多く書いてあるサイトであり、デメリットも多く書いているサイトです。
こうした不定愁訴に対しての記事はもっとも多く掲載していると自負しております。


歯科医院の価値を上げ、患者さんには口腔意識を変えてもらいたい

歯科は医科と比較されることが多く、医科同様、もしくはそれ以上のインフォームドコンセントを行うところも多いのですが、簡単に「インプラント手術」を捉えている歯科医院も一部あるのも事実です。
「手術」というキーワードにおいて慎重に慎重を重ねることに重点を置いているのは技術だけではなく、説明や知識、リスクなどにまで徹底配慮する先生方のせっかくの頑張りが無になるような気がしてなりません。
国民は全員一度は歯科の治療を受けたことがある医療の中でも身近な診療機関の1つです。

痛くなった時、悪くなった時にしか歯医者に行かなかったからインプラントが必要になった訳ですから、治療後は歯科に対する意識が変わることを患者さん(これから治療を受ける方)には期待しています。


先生には話を言い出しにくい

患者さんの中には「先生に聞くと私、嫌な患者さんと思われるかもしれない」、「先生が説明してくれたんだけど、難しくてよく分からなかった」、という意見が多く聞けずに終わってしまう事も少なくないみたいです。
「ネットで調べているうちに何が本当の情報かが分からなくなってきた」などの混乱するような情報もネットには多く書いてあります。


なぜこのサイトの閲覧が多いのか?

もちろん世の中でインプラント治療の需要が多いというのが最大の理由ですが、それに比例して、悩みを抱える患者さんも多いからです。

  • 書いてある内容もリアル実体験に基づく内容。
  • 現場を知っている人間が書いている。(特にココが他と違う!)

なぜトラブルが多いのか?

それは一部のモラルの低い歯科医院が産み出した悪しき副産物でもあり、この問題をクリアしないとせっかく良い治療を行っている先生も同じとみられてしまいます。これは歯科業界にとってもよくない事です。
患者さんは、そうした日々頑張っている先生の治療を受けるべきであり、治療を受ける患者さんには安易にインプラント治療に踏み切らず、歯科に好まれる良い患者さんになるべきだと思ってこのサイトを書き上げています。
下記に分かりやすく閲覧が本当に多い理由を2つ挙げます。

理由の一つは、
このサイトが「歯科医主導のサイトでは無い」からです。
理由の二つは、
このサイトが「歯科が作ったサイトでは無い」からです。


スポンサーリンク




インターネットで最近よくお見かけするのが不自然な「ランキングサイト」「口コミサイト」です。
患者さんがすでに「不自然」だと思っているのにも関わらず、いまだに検索の上位を占めている現状です。
トラブルの大半は、口コミサイトやランキングサイトを見て安易に治療に取り組んだ方が占めていると言っても過言ではありません。

今は、「インプラント」単体のキーワードだけで歯科医院を決めるという事は今はほとんどありません。多くは「インプラント治療+駅名」や「インプラント+地域名」で検索しますよね。
そうするとほとんどがインプラント治療について良いことばっかり書いてあるランキングや口コミサイトが上位を占めていることでしょう。

では、一体誰が何のためにランキングなどの優劣やを付けるのでしょうか?考えればだれでも分かると思います。
(このようなサイトはいずれ規制の対象になり、自分の医院の印象を悪くすると思われます)
お金で上位を買っているのがほとんどです。


ネットの口コミを信用した結果・・・・

皆さんはステルスマーケティングをご存知ですか?
歯科医院の関係者や業者が自身の医院の良い口コミを自作自演することです。

消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。略称はステマ

引用=ウィキペディア「ステルスマーケティング」

2012年頃には芸能人がブログなどで書き込んだのが問題になった事、飲食店の大手サイトが良い口コミを自作自演したのが有名ですね。
日本人特有の集団心理とでもいうのでしょうか?
実際に自分自身が見たことも会ったことも無い人のコメントを鵜呑みにしてしまうのは医療においては如何なものかと?
管理人の私も良く歯科医院の口コミを巡回していますが、見る人が見れば分かるんですね。
「上部構造」とか「補綴物」などの専門用語をわざわざ口コミサイトにログインして書き込む患者さんがどこにいますか?
専門的内容を書き込む患者さんは全くゼロとは言いませんが、絶対数は少ないでしょう。
多い口コミは、「良い感じの先生でした!」と書いてあれば、実際に会えば分かることですし、直接質問して見て聞いた時にどんな反応をするか?スタッフの雰囲気は?全ての要素が大事なのです。
ポイントとしては、昔のステマ時代の2012年頃のコメントが残っている場合もあるので、もし参考にするのなら新らしめのコメントを見るようにして、歯科の専門用語が出てて、細かく説明していたら信用しない!
これが一番です。

信用は直接会ってからですよ!


どのような基準で掲載しているの?

掲載の基準としては、漠然かも知れませんが、「患者様への配慮」というのが基準です。
「説明への配慮(インフォームドコンセント)」「技術や設備の配慮(勉強・投資)」「心の配慮(先生の人柄)」 この3つに重点を置いております。

「良い先生には、良いスタッフ、良い患者さんが集まる」という考えのもと、お忙しい中にお電話を差し上げ、このサイト掲載の主旨をご説明し、ご協力していただいております。
患者さんのために治療方針や使用メーカーなどを前面に打ち出してくれる歯科医院であること。
そして私たちの「治療においての注意喚起などのインプラント普及活動」にご賛同していただける歯科医院であることです。
医院の設備、普段学会などでの活動を行い、研鑽を常に行っている先生であること。
私たちにスタッフも一般時であり患者です。私たちスタッフに対しても、熱心にインプラント治療のご説明を丁寧に分かりやすくしていただいた歯科医院であることを基準としています。私達が電話を行った中で、歯科医院さんのスタッフの対応が良い病院は、接遇などの教育もしっかり行われているケースも多く、表面上のポーズだけではなく、患者様へのご配慮もきちんとしており、先生のお人柄が出ていると感じます。

そのような歯科医院さんを少しづつ地道に探して掲載して行きたいと常に考えております。

もう1つ付け加えるならば、なるべくならガツガツ広告で露出していない歯科医院であること。
「費用を払うので一番上に出してくれませんか?」というお誘いもありました。
(そんなに広告費を掛けなくても大丈夫ですよ!と、費用対効果のお話をする場合もあります。)


患者さんから生のご相談の情報が蓄積されています

我々の立場だからこそ患者さん寄りのインプラントの情報を発信できる。この点が唯一違います。

1,「インプラントを検討しているが、一歩踏み切れない」
2,「本当に、今の通院している医院で大丈夫なのだろうか」
3,転勤先などでインプラント歯科を探す場合。(まだ確立されていない重大な問題です)
4,何件かインプラントの相談に行ったけど迷っている。
5,インプラント治療に失敗したので、安心して再生治療ができる歯科医院を探したい。
6, 相談会に行ったらすぐインプラントしましょうと薦められ、不安になった。

ご心配の方は納得いくまで見ていただいて、当サイトを皆様のコア=核としてご利用ください。

一般社団法人日本インプラント推進協会 代表理事・編集長 小澤誠之


患者さんからインプラント相談を受けて

【私、歯が無いのがコンプレックスだから面と向かって何件も相談は・・・】

なるべく人目に触れず解消したい!患者様にこういった方も多いのではないでしょうか?
いろんな歯科に行っては状況と歯の現状を何度も説明し・・・・というのは正直精神的に堪えます。

そういう「患者さん心理」を考えて私は8年前、ある歯科医院様に「クイックレスポンス制」をご提案しました。
「クイックレスポンス」とは、インプラント治療をはじめとした治療に関するお値段や治療期間や通院回数などを、
ドクターに聞いて、一括代行して当協会がメールで即座に回答するシステムです。
もちろんドクターが診ないと細かい事は分かりませんが、「クイックレスポンス」を導入した歯科医院さんは、
これによって新規患者さんが一気に増えました。
自分が知りたいことがすぐ分かるから患者さんにも喜ばれました。

でも、ほとんどの歯科医院は「来られた方に対しての治療」のみの所がほとんどなのです。
患者様の深層心理までしっかり考えて治療を行う医院様は、経営と治療を切り離した経営を行なっている
ところ以外ではほとん見かけませんでした。
最近はかなり増えたと思いますが・・・・・・実際は、まだまだではないでしょうか?

こういった経験が、当協会スタッフにも生きています。
インプラントや矯正、歯周病専門医のホームページを数多く作ったスタッフが多い、患者様からのお問い合せなど情報蓄積量が多いのが当協会の特徴です。


私自身、一番苦労したのは歯科用語の難しさです

先生方や歯科衛生士などの歯科関係者の方々は、医院で普段から使っている「常用語」が、
患者さんには聞き慣れないせいか、治療中に「CとかCRとかって??」「テックって何?」「インレー?」「FCK??」という具合に、その言葉が何を指しているのか患者様がなかなか理解出来ない現状にあります。
最近はインターネットも普及し、わからない用語もYahoo!やGoogleなどの検索で調べればだいたいはヒットします。
インプラントなどの関連用語も、患者さんが通院していて気にしていればお分かりになると思いますが、
ほとんどの患者さんは、インプラント治療の直前から気になる程度です。

  • インプラント治療はインプラントを入れてからが本当の治療のはじまりです。
    実際に私の周りでも多くの方がインプラントを入れて、毎日不自由無く、楽しく快適に食生活を送っている方もたくさんいらっしゃいます。デンタルIQは、患者さん自身がたくさんの歯医者さんに数多く行けば高まると思いますが、なかなかそういう訳にも行かないと思います。その補助としてこのサイトを活用し、インプラント用語やメンテナンスの重要性などを覚えてもらい、少しでもみなさまの治療知識へのお役に立てればと思ってます。最終的に病院を選ぶのは、わたし達「患者さん自身」なのです。
    その選んだ責任も「私達自身」なのです。
  • ご相談は、メールかお電話で毎日10:00から19:00受け付けております。
  • お電話が混み合っている場合、スタッフが外出している場合は改めてこちらからご連絡を差し上げます。
  • 順番にご連絡差し上げますので「我先に!」「すぐ電話下さい!」というのはご勘弁ください。
    皆様の「すぐ聞きたい」というお気持ちもお察ししますが。相談でのお約束ルールをご参照ください。
  • メールでのご相談は随時行っております。(返信にお時間をいただく場合もございます)インプラント相談・治療トラブルのご相談は フリーダイヤル0120-198-017

freedial 2

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 JapanImplant P.A

implant@info

投稿者の記事一覧

「インプラント名医検索システム」編集長。

【経歴】
家電製品や会員権などのトップセールスを経て2006年に広告代理店、ネット通販、web制作、輸入食器卸売販売などを行う会社を設立。
日本で1番最初に生マッコリの通販を始め、韓国のざくろ酢(ホンチョ)を日本で大ヒットさせた実績を持つ。
歯科をはじめ、過去20箇所以上の事務長を経験。
一般人でありながら歯科の個別指導も経験した。

士業、医師、歯科医師、柔道整復師、鍼灸師など様々なネットワークと経験を生かし2007年一般社団法人日本インプラント推進協会を設立。
歯科インプラントポータルサイト「インプラント名医検索システム」を公開。

不運にもインプラント治療が上手くいかなかった患者さんやトラブルを抱えた患者さん、これからインプラント治療を考えている方への歯科医院選びのアドバイス活動を電話やメールで日々行なっている。
多数のTV番組、雑誌からの取材にも協力している。

web制作、Webコンサル業務を中心に、歯科運営アドバイザー、セールスアドバイザー、ポータルサイト運営、歯科スタディーグループ事務長、医療コンサルタント業務、歯科材料の販売、医療関連の記事の執筆活動を行なっている。

趣味は競馬観戦、料理

関連記事

  1. 岸本歯科医院新宿インプラント 東京都新宿区岸本歯科医院岸本幸康先生|インプラントDr.インタビ…
  2. 患者さん専用お問い合わせ
  3. 豊島区インプラント治療大村歯科医院 東京都豊島区大村歯科医院大村欣章先生|インプラントDr.インタビ…
  4. インプラントトラブル相談例 トラブルやご相談の例
  5. インプラントの嘘本当の話写真 インプラント治療の「嘘・本当」の話
  6. 2017年インプラント治療相談 2017年の歯科トラブル相談
  7. 雑誌メディアインプラント取材写真 雑誌・メディア取材・プレスリリースについて
  8. 歯科インプラント用語集 インプラント用語集『う』

ImplantDr.インタビュー

  1. 三重県松阪市林歯科医院林尚史先生|インプラントDr.インタビュー
  2. 東京都墨田区306デンタルクリニック中田圭祐先生|インプラントDr.インタビュー
  3. 栃木県小山市覚本歯科医院覚本嘉美先生|インプラントDr.インタビュー 小山インプラント指導医覚本歯科医院写真
  4. 東京都港区高村歯科医院高村剛先生|インプラントDr.インタビュー
  5. 埼玉県所沢市萬葉(ばんば)歯科医院萬葉陽己先生|インプラントDr.インタビュー 所沢インプラント治療ばんば歯科医院院長
  6. 東京都墨田区酒井歯科医院酒井周一先生|インプラントDr.インタビュー 墨田区インプラント酒井先生写真
  7. 新潟県新潟市江南区竹内歯科クリニック竹内祐一先生|インプラントDr.インタビュー 新潟県インプラント治療竹内歯科クリニック写真
  8. 岐阜県各務原市桜桃歯科上田裕康先生|インプラントDr.インタビュー 岐阜県インプラントDr.桜桃歯科
  9. 千葉県柏市田中歯科医院田中譲治先生|インプラントDr.インタビュー 松戸市柏市インプラント治療田中歯科医院写真
  10. 東京都新宿区岸本歯科医院岸本幸康先生|インプラントDr.インタビュー 岸本歯科医院新宿インプラント

インプラントメーカー比較一覧

インプラントメーカー比較一覧

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリットデメリット

インプラントの術式について

インプラント術式

インプラントトラブル相談室

インプラントトラブル相談室

トラブル関連ページ

  1. 2017年の歯科トラブル相談 2017年インプラント治療相談
  2. ご相談内容・実績 インプラント相談実績写真
  3. 2016年の歯科トラブル相談
  4. インプラント治療を失敗しないために
  5. インプラント治療失敗?と思う前に インプラント失敗
  6. トラブルやご相談の例 インプラントトラブル相談例
PAGE TOP