インプラントトラブル相談室

治療中〜治療後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




インプラント治療が始まり、フィクスチャーを骨の中に入れて「意外と虫歯の治療より痛くなかったかも?」と思われた方もいれば、中には「腫れた」という方もいるかもしれません。
インプラント体(フィクスチャー)はチタンで出来ているのは皆さんもご存知で、そのチタンは人間の身体に親和しやすい材質と言われています。ですが、元々人間の体に存在しない物質(異物)を身体の中に入れるので、拒絶や抵抗には個人差があるのです。


インプラントを埋入して被せ物が入るまで

腫れた方の多くは恐らく、「骨造成手術」や、「複数本のインプラント」の方が多いと思います。
腫れた方の多くは恐らく、「骨造成(人工骨)」や「骨移植」を行った方に多いと思います。
人工骨もインプラント体(フィクスチャー)のチタンと同じく、人間の身体の中に本来は存在しない物質を体内に入れる事になります。
身体がそれを異物と感じ、外に排除する働きがあるのが抵抗力です。
だから「腫れる(可能性がある)」という事が考えられるのです。
もちろん治療を行った方全員が腫れるということではありませんが。
中には心配しすぎて不安で不安で相談のお電話を下さる方がいらっしゃいますが、そんなに気にすることは無いと思います。
ただし、
気になるから鏡でずっと口を開けて見ている。
気になるからずっと舌で触ってしまう。
治療箇所で噛んでしまう。
などは決して良く無いことです。
埋入(骨造成)して1週間〜2週間の間に、治療患部の消毒に通うのが通常のパターンです。
不安があれば、消毒時に治療を担当した先生に聞いてみるのが良いのでは無いでしょうか?
あまり神経質にならない方が、治癒が早いような気もします。


様々な治療のケース

奥歯の場合は抜歯を行って、3ヶ月から半年ほど待って、骨が出来たのを確認してインプラントフィクスチャーを埋入。
抜歯して、骨の状態が良ければインプラント埋入。
前歯の場合は抜歯してインプラント埋入。状況が悪ければ、しばらく期間を開けてインプラント埋入。
など、先生によって様々な考え方があります。
もちろん治療患部を見ての判断もあると思います。
最近は、こういった状況を患者さんがインターネットで検索し、「先生、普通だったらこうなんじゃないですか?」とぶつける方がいます。
もちろん、インフォームドコンセント(診療説明:説明と同意)が足りない先生も一部います。
患者さんも、説明が無かったと言うよりは、これくらいは聞いた方が良いでしょう。
まあ、もちろんきちんと説明があったに越したことはありませんが。
なぜそうするかはきちんと理由があるからです。
「私が良いと思ったからそうした!」などは説明ではありません。


スポンサーリンク





頭出し、アバットメント、被せ物の装着まで

2ピースタイプのインプラントは、骨とフィクスチャーがしっかり結合してから「アバットメント」という被せ物の支台部になる部分を装着します。そのためには、歯肉に埋まったフィクスチャーの頭を出さなければいけません。これが2次手術になります。
最近は、フィクスチャーの埋入からアバットメントの装着までの期間が早くて済む、性能の良いインプラントも多く発売されていますが、形状や性能は良いが、骨と結合するまでじっくり期間の掛かるインプラント製品もあります。
まだフィクスチャーが骨との結合をしていないのにアバットメントを装着する2次手術に移行するケースも多く見かけます。
歯科医院によっては数値によってインプラント結合を確認する機器を導入しているところもあります。
「ペリオテスト」「安定測定器」などを使用し、きちんと骨結合(インテグレーション)を確認してからのアバットメント装着なら安心できる材料とも言えるのでは無いでしょうか?
一般的にはやっと被せ物の型取り(印象)を行って、歯の型を取る事ができます。これを歯科技工所に出して「装着する歯」が出来上がります。


被せ物の材質もさまざま

被せ物の材質には一番硬い鉱物「ジルコニア」、その次に「オールセラミック」、「ハイブリッドセラミック」、「メタルボンド」、「金属」などさまざまな材質があります。みなさんが装着される「被せ物の材質」は何を使用しているか確認していますか?
意外に装着されている被せ物の材質は何か?を知らない方が多いです。まあ、知らないより聞いておいた方が良いでしょう。もちろんしっかり説明している先生もいらっしゃいます。
ただし、患者さんの噛み合わせによっても適した材質が異なりますので、先生と相談するのが良いかと思います。
基本的に複数本のインプラント埋入の場合は、被せ物はインプラントを埋入した本数に対し、1本1本入るのではなく、ほとんどの場合は連結されると思います。結構、これを知らない患者さんが多く、もしかしたら説明をしていない先生も多いかもしれません。
「私、インプラントを3本入れたんですけど被せ物が全部くっついてて歯と歯の隙間がないんですけどこれってどうなんですか?」というようなご相談です。連結は、歯に掛かる力が分散されるので、インプラントの長期維持にも良いかと思います。
患者さんご自身が「私にはジルコニアが適している」とかは判断できないと思いますので、よく先生と相談することをお勧めします。


セメント合着?ネジ止め?

被せ物とアバットメントが一体化されてはじめて「インプラント」と一般的に言うと思います。
良くご相談で、「インプラントが欠けたんですけど!」とか、「インプラントが外れたんですけど!」というご相談をいただきます。
実際良く聞いてみると、被せ物が外れた、欠けたという内容です。
欠けるタイプの被せ物は「メタルボンド」や「ハイブリッドセラミック」です。
歯科医院で使われるセメントは、接着セメントや合着セメントですが、インプラントの場合はメーカー製品によってネジで裏止めをするタイプもあります。アバットメントの先端に小さなネジがあり、被せ物側からネジを入れて止めるタイプのものです。前歯などでは裏側にネジ穴があり、ネジで止めた後に穴を塞ぐタイプです。
合着かネジかと言うのは構造上の問題であって、どちらが良いとか言うことはありません。

良く、舌で触って気になると言う方もいらっしゃいますが、そんなに気にならないような設計になっていると思いますので、良く歯科医院の先生とご相談されることをお勧めします。
欠けた場合のご相談も「保証」を絡めた話の場合が多いですが、基本的に被せ物は24h265日患者さんの口の中で使われています。当然、経年劣化を考えれば、その全てを歯科医院の負担にするのは厳しいと思います。もちろん歯科医院によっては経年劣化の負担割合を考えて保証している所もあります。


スポンサーリンク




implant@info

投稿者の記事一覧

インプラント名医検索システム
この記事を書いたのは
【編集長プロフィール】
10年以上インプラント治療や歯科治療に悩む方やトラブルになった方の電話相談を行うなか、複数の歯科医院の事務長、歯科スタディーグループ事務長、歯科や整骨院などの経営アドバイザー、web制作、コンサルタント業務を中心に、さまざまな医療関連の記事の執筆活動を行なっている。

【経歴】
1973年東京都生まれ
2006年にネット通販、web制作、輸入食器卸売販売、広告代理店の会社を設立。

日本で1番最初に韓国食器や生マッコリの通販を始め、韓国のざくろ酢(ホンチョ)を日本で流行させた実績を持つ。
歯科の個別指導も経験し、現在20箇所以上の歯科や整骨院などの医院事務長、アドバイザーを担当。

インプラント治療が上手くいかなかった患者さんやトラブルを抱えた患者さんの電話相談、インプラント治療を考えている方への歯科医院選びのアドバイスを日々電話やメールで行なっている。

TV番組、雑誌など積極的に取材協力している。
協力著書に「赤ずきんちゃん お医者さんは気をつけて」

2007年歯科インプラントポータルサイト
「インプラント名医検索システム」を公開。
2017年東京交通事故治療ガイド
「 整骨院・接骨院検索システム」を公開。

関連記事

  1. 歯科心身症 【歯科専用コンテンツ】歯科心身症について
  2. 池袋の歯科医院 東京都豊島区池袋のインプラント歯科医院
  3. インプラントの嘘本当の話写真 インプラント治療の「嘘・本当」の話
  4. 根管治療の知識
  5. インプラント治療での訴訟
  6. インプラント相談実績写真 ご相談内容・実績
  7. 岐阜インプラント名医桜桃 岐阜県各務原市桜桃歯科上田裕康先生|インプラントDr.インタビュ…
  8. 歯医者で治らない インプラント治療後の口腔ケア(メンテナンス-歯周病)

ImplantDr.インタビュー

  1. 新潟県新潟市江南区竹内歯科クリニック竹内祐一先生|インプラントDr.インタビュー 新潟県インプラント治療竹内歯科クリニック写真
  2. 東京都渋谷区はちやデンタルクリニック八矢豊与海先生|インプラントDr.インタビュー 渋谷区はちやデンタルクリニック
  3. 東京都墨田区306デンタルクリニック中田圭祐先生|インプラントDr.インタビュー 墨田区インプラント名医306
  4. 東京都新宿区岸本歯科医院岸本幸康先生|インプラントDr.インタビュー 新宿インプラント名医岸本
  5. 東京都豊島区大村歯科医院大村欣章先生|インプラントDr.インタビュー 豊島区インプラント名医大村
  6. 三重県松阪市林歯科医院林尚史先生|インプラントDr.インタビュー 三重県インプラント名医林歯科医院
  7. 岐阜県各務原市桜桃歯科上田裕康先生|インプラントDr.インタビュー 岐阜インプラント名医桜桃
  8. 東京都中央区京橋冨士歯科医院宮本美佐子先生|インプラントDr.インタビュー 蕨市川口市インプラント治療富士歯科医院写真
  9. 神奈川県大和市大館(おおだち)歯科医院大舘満先生|インプラントDr.インタビュー 大和市インプラント名医大舘先生
  10. 東京都豊島区池袋のインプラント歯科医院 池袋の歯科医院

インプラントメーカー比較一覧

インプラントメーカー比較一覧

メリット・デメリット

メリットデメリット

術式について

術式

インプラント電話相談

インプラント電話相談

トラブル関連ページ

  1. インプラント治療失敗?と思う前に インプラント失敗
  2. 2016年の歯科トラブル相談
  3. 2017年の歯科トラブル相談 2017年インプラント治療相談
  4. ご相談内容・実績 インプラント相談実績写真
  5. インプラント治療を失敗しないために
  6. トラブルやご相談の例 インプラントトラブル相談例
PAGE TOP