無料電話相談はこちら歯科HP会社・歯科医院の方はこちら

【2020年5月25日最新版】緊急事態宣言解除ー歯科の新しい生活様式への取り組み

インプラント治療・歯科治療関連

5月25日夕方

48日ぶりに緊急事態宣言が解除されました。

これからの歯科医院が取り組む感染予防はどうなっていくのでしょうか?

簡単にまとめてみました。

新しい生活様式への取り組み

もともと「歯科の感染予防」というのは医科よりも意識が高いというのがあります。

その理由として、歯科医師、歯科衛生士は「患者さんの粉塵、唾液飛沫、血液付着」が普段からかなり近い所にいるので感染に対する予防意識が高いのです。

ほとんどの歯科医院であれば、

・器具はすべて超音波洗浄し、滅菌器で超高温滅菌滅菌パックに入れている
・治療前に患者さんに消毒液で口を洗浄してもらってから治療を行う

ちなみに・・・編集長がコンサルタントしている歯科医院には、滅菌パックは患者さんの前で開ける事を徹底させてました!そのほうが患者さんは安心しますよね〜

それにあわせて「グローブ」「マスク」は先生や歯科衛生士は絶対に装着しています

インプラントのオペであればディスポーザブルの術着やフェイスガードなどを装着している事でしょう。

たまに上記の写真のように「トレーに器具を出しっぱなし」の歯科医院、マスクやグローブをしない歯科医院、グローブを患者ごとに変えない歯科医院も見た事がありましたが、今後はコロナの一件からは少なくなるでしょうね!今まで通っていた歯医者さんが感染予防意識の低い歯医者さんだったという方は要注意です。

これからは、

1、来院時に手指の消毒と検温の実施

37.0C以上熱がある場合はお帰りいただく

非接触式の検温計がオススメです。

熱の高さによって色が変わるタイプであれば、患者さんも熱があるという事が伝わりやすいので良いかもしれないですね。

入り口からトイレが近い場合などは、患者さんを誘導し手を洗ってもらう

・患者さんに対して「手洗い」or「消毒」歯科医院のスタッフ側からきちんと誘導する

手を触れずに自動的にアルコールが出るタイプのものがお勧めです。

2、院内換気の徹底

サーキュレーター空気清浄機を使用し、より一層の院内に外気を取り込み新鮮な空気を循環させる

ただの「換気」という表記でも良いですが、「強制換気を徹底してます」と掲示すれば、なお良いと思います!
私がコンサルティングしている歯科医院では「非接触タイプの体温計」を導入し、来院時の検温を徹底しています。

3、患者さんごとにユニットの消毒

次亜塩素酸アルコールなどを散布し、あえて患者さんに見えるように消毒を行うと、きちんとやっているんだなーというのが伝わるので、なお良いかと思います!
見えない所でだと、細かい患者さんは気にする方もいるかもしれないので・・・・

上記の2つは患者さんにハッキリとわかるようにするのが良いと思います!

4、電子マネーの導入、硬貨、紙幣のトレーでの受け渡し

なるべく紙幣や硬貨を使わないようにするのがベストでしょう。使う場合には受け渡しは直接ではなく、トレーでの受け渡しをする事をお勧めします。

まだ歯科医院で電子決済を導入していなかった所はこのタイミングでの導入がベストかもしれませんね。

患者さんが新しい生活様式に慣れる事!

インプラント治療を行って、まだ被せ物まで完了していない方は特にそうですが、混み合って予約が取れない!取りにくい!といった事もこれから想定できます。

「コロナが収束してから歯科医院へ!」と、患者さん自身が自己判断で思っていた方も多いと思うので、そういった方が一気に歯科医院へ殺到する可能性もありますよね。

歯科医院での感染リスクは他の記事で解説した通りです!

くれぐれも歯科医院に足を運ぶときは「患者さんが歯科にコロナを運ばない事!」が重要です。

特に公共機関を使う場合には注意が必要です。

・なるべく車内では「つり革」「手すり」を触らない
・エスカレーターでも「手すり」を触らない
・なるべく「電子マネー」を使うようにする。まだの方もこの機会に導入する。

歯科医師は感染予防のエキスパートと言っても過言ではありません!

患者さんの気にしすぎは問題かもしれませんが、「いつもいつも清潔に!」を神経質にならない程度に普段から心がけておくのが良いかと思います。

気にしすぎの方は、口腔ケアにも同じくらい気を使ってくれると歯科医師も歯科衛生士も喜んでくれると思いますよ!

おまけ〜次亜塩素酸水の豆知識

歯科などで使われている「酸性水」は、一般的に「次亜塩素酸水」とか「次亜塩素酸性水(HCLO)」と呼ばれ、「弱酸性」で、揮発するアルコールとは性質が違います。

水と塩で簡単に作られますのでお手軽です〜

下記の写真のような生成器は通販でも格安で簡単に手に入ります!


次亜塩素酸生成器

スプレータイプのものも簡単に手に入りますよ!


スプレータイプの次亜塩素酸生成器

ちなみに・・・・「次亜塩素酸ナトリウム」とはちょっと違います!ここではその違いの説明は省きますが、消毒での用途は一緒です。

金属は腐食してしまいますので注意が必要です!
塩素系と混ぜると有毒ガスを発生するので要注意です!
消毒・漂泊効果はあるけど洗浄効果はないので注意が必要です!

次亜塩素酸の除菌力は、次亜塩素酸ナトリウムより数倍高く、除菌速度も早いのが特徴!

アルコールではノロウイルスなどの一部のウイルスには効かないとされています。

次亜塩素酸水は、うがいだけでなく、希釈して散布することで消毒も可能です!

しっていただきたいのは「濃度(ppm)」です。

漂泊剤としての次亜塩素酸と、消毒剤としての次亜塩素酸。
上にも書いたように「違いは濃さ」なんです。
市販のハイターも次亜塩素酸ですね。
ハイター(漂白剤)を約100倍希釈で除菌効果、30倍希釈で漂泊効果になります。

おもちゃやキッチンなどの除菌空間除菌消臭には50ppmもあれば十分効果があると言われています!

赤ちゃんの哺乳瓶消毒に使う「ミルトン」を消毒に使う場合には

ドアノブ、手すり、椅子、トイレなど人が直接手で頻繁に触れる場所は、0.02%に希釈した次亜塩素酸ナトリウム溶液(ミルトンの場合:500mLペットボトルに水490mL、ミルトン10mL)を浸した布またはキッチンペーパーで拭き、その10分後に水拭きします。消毒に使用した布は消毒液には戻さないよう気をつけてください。
出典:ミルトンHP

他に有名な製品は「クレベリン」ですね。

クレベリンは、「二酸化塩素」でできています。

このように、水と塩分濃度、希釈濃度を知ることで使い分けることができるので、これからのコロナが身近にある時代では、知っておくことも役に立つと思いますよ〜

2020年5月30日に次亜塩素酸についてこのようなニュースも発表

ただ、2020年5月30日にこのようなニュースも発表された。

製品評価技術基盤機構(NITE)は、新型コロナウイルスへの消毒目的として利用されている「次亜塩素酸水」について、現時点において「新型コロナウイルスへの有効性は判断できない」との中間結果を公表した。特に、噴霧での利用は安全性が確認されていないと注意喚起している。

ここで注目しなければならないのは「コロナウイルスへの」という部分。

他のウイルスも含め、除菌殺菌効果はあるので、次亜塩素酸は十分役に立つうえ、安全性で言えばケミカルでないぶん子供にも優しいのは変わらないです。

アルコールを販売させる為の偽情報にも見えなくも無いが、上記に書いたように、次亜塩素酸には「濃度=ppm」が書いてい無い商品があったり、金属などには向か無いなど弱点もあるので、どれも安心と思ったり、ニュースを信用してしまったりせず、いろいろ調べてみるといいかもしれませんね。

インフリエンザもワクチン接種したら安心!とかもそうですが、ワクチン接種してもインフルエンザにかかりますし、接種したから軽く済んだとか・・・・接種してもかかるという事は「効かない」というのと一緒だと思います。
ワクチンも出始めは色々怖いですしね(日本では)・・・・
ワクチンの中身が何かというのを知れば、もう打ちたく無い!と思うはずです。

オススメの除菌ツールはこれ!

編集長が使っているのは「A2care(エーツーケア)」という全日空商事(A2care公式サイト)が販売する商品を愛用してます!(商品をクリック)

もちろん全日空の飛行機内やラウンジでも使われている商品なので消臭効果も除菌効果もバッチリ!

お得な1Lのタイプと上記の写真の詰め替えができる300mlのスプレーボトルがオススメです。

もう100mlタイプのスプレーボトルがあるのですが、こちらの300mlタイプの高機能ボトルの方が霧(ミスト)が細かく噴射されるので良いと思います。

これならアルコールでもなく次亜塩素酸でもなく「水」なので安心です!

私は、1L詰め替え用を使ってます。

コロナ前から使っていましたが、「コロナウイルスにも有効」との記事も発見しました!

おまけですが、このA2careシリーズのマウスウォッシュが、今までは歯科専売商品だったのがネットショップでも買えるようになりました!

口臭が気になる方にはオススメできます!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 JapanImplant P.A
タイトルとURLをコピーしました