無料電話相談はこちら 歯科HP会社・歯科医院の方はこちら

インプラント治療での患者さんの心得

インプラントトラブル相談室

インプラント治療を受ける際の患者様の心得

安心して患者さんが治療を受けるための心得とは?
インプラント治療は外科的治療になりますので、患者さんも不安な方も多いはず。患者さんがより安心してインプラント治療を受けるには、治療を受ける歯科医師やスタッフの方とのコミュニケーションも重要なポイントになっていきます。
はじめて通う歯科医院の場合はどの方も初診予約を電話で行うことでしょう。

その際にも注意が必要です。
後々のトラブルの元にもなるので、歯科医院には丁寧にお電話をしましょう。

それが歯科医院への心象もよくなり信頼にもつながります。
もちろんそれによってインプラント手術の成功率も安心度も上がります。歯科医師の先生も人間ですので気持ちがあります。嫌な患者さんは、先生も極力診療したく無いのが本心です。


歯科医院の受付さんの電話の対応も判断材料の一つ

これには、経営のサービス業的要素も含まれますが、実際は歯科医院も患者さんが来ることによって生計が成り立ってます。
ひと昔前は自費治療などの自由診療よりも保険診療(実際は治すというよりも処置)が中心であったため、ホームページやさほど広告がなくても患者さんはいっぱい来ていた時代もありました。ところが現在、7万件を超えコンビニエンスストアよりも多いと言われる歯科医院において、このような部分でも「他医院との格差」が出てきています。
患者さんから見て「同じくらいの技術かな?」と思えば、患者さんは「応対の良い歯科医院」に行くのは当然です。
患者さんから見て、少しでも嫌なところや納得がいかない事があれば他に行くのは当然です。歯科医院の治療方針や清潔清掃への配慮、患者さんに対してスタッフさんの気遣いなどの配慮、院長先生の対応が良いなどの配慮が行き届いているかは、電話の応対で判断できる1つの重要なポイントなのです。
対応は確実に人柄が出ます。
良い所には良い人が集まるのです

今までと違い歯科医院同士の競争もあり、他の歯科医院との差別化をはかるべく治療技術と共に勤務医や歯科衛生士、助手などのスタッフの教育も、患者さんへ細かい配慮を行うべきと認識し、サービス業的要素も取り入れる歯科医院が増えてきたことで、治療に対しての安心度もアップしたと思います。
ですので、先生と患者さんのベストバランスは50:50と考えています。


実際にあった患者さんの例

ある歯科医院に1本の電話がありました。
その患者さんは、もの凄く横柄に
「お前の所ではいくらの費用でどれくらいの期間で治るんだ?」

当然、診ていないので一概には何とも言えないという事で丁重にお断りしました。
こういうケースで歯科医院に断られ、たらい回しにされることは良くあります。
「トラブルになりそうな患者さんは受け入れたくない」
というのも歯科医院の本音です。

要は、
「患者さんも歯科医院を選ぶ」
のであれば、当然
「歯科医師も患者さんを選ぶ」
ということです。

治療する側も先生も人間ですので当然気分良く治療したいものです。
「別に他所に行ってもらって構いませんから・・・・・」と言われたらお互いに良い気分にはなれません。

医師やスタッフとの信頼関係を築くには、とても時間が掛かりますが、治療にはとても重要な事です。
特にインプラント治療となると、メンテナンスも考えたらなおさらです。

なぜ歯が無くなってインプラントをすることになったのかという事を
治療を受ける側がきちんと理解するのが治療をより成功に高める要因の1つです。

歯科医院のスタッフの方やドクターに対して、気分良く治療してもらう為に
自分自信の心象を良くすることは良い事だと思いますので、安心のために
そのような対応を心掛けてみてはどうでしょう?

  1. 歯を治そうという気持ちを強く持ちましょう。
  2. 歯磨きをして口の中を清潔にして来院しましょう。口腔内のクリーニングによって通常よりも治療に時間がかかってしまいます。
    予約をしたら必ず守りましょう。
  3. 万が一の変更の場合は事前に必ず連絡を入れましょう。
  4. 治療内容、費用、期間等の希望は、しっかりと主治医に伝える。
  5. 治療にあたっての疑問や希望は納得できるまで話をしましょう。
  6. 歯科医師や歯科衛生士の指導や指示は必ず守りましょう。
  7. 信頼関係を築きお互い気持ちの良い環境を作りましょう

上記の事を理解して、良い歯科医院を探し、良い関係を築くことをお勧めします。
あんしん感も高まれば、インプラント治療の成功率も格段と上がることと思います。

knowledge

予約キャンセル、ドタキャンは歯科との関係を壊す原因

「選ぶのは患者であるこの私!」「社会では俺は偉かったのに、なんで若造に上から者を言われるんだ!」
と思っている方。こんな患者さんは確実にトラブルを起こします。
「じゃあ、他の歯科医院に行くからもういいよ!」と言っても、次の歯科医院でも同じようになるケースも多いです。
自分の都合の話はしても、人の話は聞か無い。約束は守ら無い。時間にルーズ。勝手すぎる。
普通に考えればこんな人は当然「嫌(いや)」ですよね。
特にインプラント治療の手術当日のキャンセルは例え患者本人さんの都合があっても、インプラント治療は手術ですのでそれなりに準備が必要です。
静脈内鎮静がある場合などでは、麻酔科医に来てもらわなくてはいけません。そのような準備がすべて無駄になってしまいます。
それに対して患者さん側に申し訳ない気持ちが無ければ、歯科医院もその患者さんに対して気持ち良く診療出来無いでしょう。
1度ならず2度3度土壇場でキャンセルしたという患者さんの話も相談を受けたことがあります。
「どうしてだったんです?」とお聞きしたら、「当日になって怖くなったの。だからしょうがないじゃない。」との事。
お気持ちは分かりますが・・・・・問題は「しょうがないじゃない」という理由です。
歯科医院では患者さんに対して「しょうがない」の理由は通用しません。
そうならないように「万全に準備」しているのですから、その準備の労力や気遣いも考えてご自身の治療に望んで下さい。
治療は手術ですからDr.は精神的にも集中しますし、当然かなりの神経も使います。

それがご自身の安全、安心となって返ってくるのですから。
そんな事を平気でしておいて、良い治療だけを受けようというのはご都合が良すぎると思います。
全ては「信頼関係」ですから。自分への安心は信頼で作るのです。
これは歯科だけでなく、社会でのお約束です。

タイトルとURLをコピーしました