歯科医院の集患について

【歯科専用コンテンツ】歯科医院によくあるブラック営業業者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科経営再建

スポンサーリンク




歯科医院にはさまざまな会社の営業アプローチが来ます。
以外にもこれに引っ掛かっている歯科医院が結構多いのです。
インプラント名医検索システムでは以前から
「ランキングサイト撲滅」
「偽装口コミサイト撲滅」
を声を大にして「信用するな!」と言っていますが、自分の歯科医院がネット上で上位表示されるなら!とお金を払う歯科医院が後を絶ちません。
しかも、そのほとんどの業者が歯科知識の無い全くのど素人が作っています。

このご時世はコピペのサイトは上位表示には不向きなので、知識の無いWeb制作者はネットで調べて記事をオリジナルに改変するしかありません。

ランキングサイトへの掲載のお誘い
ポータルサイトへの掲載のお誘い
風評被害を消しますよ!とお誘い
ホームページ制作のお誘い

などなど。

そこそこまともなものから完全アウトなお誘いなど色々あります。
「え??あの大手もそんな手法使うの?」というものまで、実際にあったものを掲載したいと思います。
最後まで見た上で、「うちの歯科医院もそのようなサイトに出ているのでは?」と調べてみるのが良いかもしれませんね。
まあ、変なサイトをご利用されているならば早めに手を引いた方が良いかもしれません。
偽装ランキングサイトや偽口コミサイトのご利用は計画的に。


大手ポータル系は2社がしのぎを削る!

最近の歯科業界では総合案内サイト的な存在の「〇〇テン」「E-〇〇〇〇」
この2つのサイトは似ているようで全然違います。
私の知っている情報では、真面目にやっているのはどちらかというと前者の「〇〇テン」かな?と思います。
「〇〇テン」は大手経営コンサルティング(シンクタンク)会社とタッグを組んでセミナーを開催していたり、経営寄り、アクセスアップ寄りのセミナーを定期的に開催しています。
編集長の私自身も興味があって、整骨院・接骨院のセミナーに1度参加したことがあります。
話を聞いている限りでは「正攻法」といった印象で、実際に足を運んだ患者さんに直接コメントを貰うなど、地道な作業が多いですが、他との差別化を図るという意味では取り組んでおいても良いなという印象はありました。
検索エンジン上で総合ポータルサイトを展開し、その街の「飲食店」「美容室」「病院」「歯科」「接骨院」などが種目別に探すことができるなど、やり方、手法はとても似ているのですが、後者の「E-〇〇〇〇」は全く別物のような気がします。


嘘の口コミが勝手に掲載されていた!

どう考えてもこんな患者さん来ていないんだけど・・・
「E-〇〇〇〇」の私が関係している歯科医院のページの口コミを見ていると、
ほぼ同じ月日。
ニックネームの特徴が似ている。
治療内容をやたら詳しく書いてある。
という内容の怪しい口コミを発見しました。

↓その怪しい口コミの写真がこちら↓
偽の口コミ
前後半年の患者さんを探しましたが明らかに患者さんとして来てもいません。
前後3ヶ月の間にそんな治療は一切行なっていないし、カルテに該当する患者がいないのです。
今まで何年も口コミなんかほとんど無いのに、何でこのサイトにこんな同じ月で近い日付に集中して複数の口コミがあるの?と不思議に思い、この会社に問い合わせを行なったが回答は得られずでした。
4件あった書き込みで、何故か申し出後に2件は消されました。

他の歯科医院でも同様の書き込みがありました。
もちろんその様な治療を行なった患者さんはいるかどうかの確認を行なったのですが、その様な患者は見当たりませんでした。

その後、「掲載しませんか?」と営業電話が架電。
患者さんから口コミが書き込まれているので注目されてますよ!的な。
自作自演にも程があります。


フェイスブックページも乗っ取り?

この「E-〇〇〇〇」はネット上の上位にポータルサイトを占領するようにコンテンツを作り、インプラント治療、矯正治療とコンテンツを増やし、多くの歯科医院や整骨院、接骨院を掲載し、この業者が運営する予約システムのサイトに飛ぶような仕組みになっています。
この会社、この予約システムや、電話1件につき〇〇円などの契約を獲るのに力を入れているわけなのですが、何も知らない馬車馬営業マンが一生懸命ノルマクリアのために頑張るわけですね。


その歯科医院や接骨院に対し、このサイト経由で患者さんが電話を掛けたり患者が足を運べば「そこを経由した患者さんに対して1件〇〇円」を院側が払うというシステムです。


ある日、私がWebを担当する院からご相談がありました。

先生)「医院のフェイスブックページに関して変な提案が来たんですけど?」
編集長)「その画面のスクリーンショットを送ってもらえますか?」

それで届いた写真がこちら。

歯科偽装口コミサイト

元々の院の電話番号から「E-〇〇〇〇」のお金になる番号に変える様に工作してきたのです。
これで患者さんがネットで調べて、Facebookページを見て電話を掛けたら「E-〇〇〇〇」がチャリーン♪と儲かるパターンです。
誰にどの様なメリットがあるのかを考えたら、おそらくこの会社が仕掛けて来たとしか言いようがありません。
もうここまできたら何でもありなんですね。
何も言えないくらい黒すぎます。


老舗サイトにも悪の手が!

歯科業界の老舗ポータルサイトに「〇〇ター◯ッ◯」というサイトがあります。
昔からある歯科サイトで、ブラックリストは完全伏字。
口コミも治療内容を詳しく書いたものよりも、先生の対応などが書いてあるサイトで信用性の高いサイトと私もよく拝見させていただいております(した?)。
ところが、このサイトに良い書き込みをするのでお金を払ってくれ!的な営業をする業者が現れたのです。
分かりやすく言うと、歴史あるサイトを利用し金を得ようとする輩です。

手口も巧妙で、IPアドレスやアカウントも別々で日付も変えて掲載しますから!と言うのです。
くれぐれもこの様な隙間産業には引っかからないことです。


インプラントのポータルサイトでも同様

当サイト「インプラント名医検索システム」は、一般人が作りながらも歯科業界を勉強し、患者さんの声が集まるサイトとして歯科と患者さんの間の位置付けでスタートしました。
日々、患者さんの相談を受け付けている情報を蓄積していますので、他サイトとはコンセプトが違います。
ですが、その「名医」というキーワードが最近汚染されて来ています。
ちなみに、「インプラント名医」で検索して見てください。
一目瞭然です。

Yahoo!検索 「インプラント名医」
Google検索 「インプラント名医」

検索する方の地域によって上から順に表示される内容は異なります。
さて、どんなサイトが表示されるでしょうか?
1ページに10件表示されますが、サイトを開いて運営者情報を見てください。
※だいたいはページ下部、もしくは運営者情報の記載があります。連絡先が無いサイト。
運営会社の情報が書いてあってもページ1枚だけのサイト。
があるのがお分かりでしょうか?

ここで3つポイントを挙げたいと思います。

【ポイントその1】
中には善意の第三者が作った風に偽装しているインプラントのポータルサイトも存在します。
ドメインも、取得者は非公開になっていて、連絡先、責任の所在に関する記載が一切書いていないものもあります。

【ポイントその2】
歯科医院がウェブ制作会社を運営し、ポータルサイトを作らせているものもあります。
当サイトへの患者さんからの年間クレームランキングの上位を占める水戸にあるインプラントセンターで、「地域名+インプラント」で検索すると、上位に表示されるサイトは自分の歯科医院が独占する様に工作。これで地域の患者さんから愛されるような治療と接遇なら何にも問題が無いのですが・・・・
ホームページに書いてある内容と同じ様に患者さんからの評判が良くなる事を祈るばかりです。

【ポイントその3】
自分で自分の事を「名医」と行ってしまうおめでたいパターン。
最近は、「キーワード」を設定しても上位表示の確約がありません。
サイトの文章が重要で、文章中の「名医」という言葉が引っかかって上位表示されるという仕組みになっているものがほとんどですが、例外もあります。
お金を払って「名医100選」とかの雑誌に出たとしましょう。
その雑誌に掲載されたという記事を書いたページが検索エンジンで上位にヒットしたという様な例もあります。
もちろん意図的に行われているものもあります。
くれぐれも業者を使って他サイトに掲載するときは「どの様なサイトに掲載されるのか?」を確認しなければいけません。
自分の歯科医院のホームページがその様なサイトに掲載されていたら歯科医院の質を落としかねませんよ。


負債総額(借入額)が多い歯科医院の再建業務

この業界にはいわゆる「勝ち組」もいらっしゃいますが、経営をあまりよく分かっていない方は、ある時を境に売り上げが急降下・・・という事も良くあります。
再建や売り上げを上げたい!という依頼でお仕事を引き受けたケースがありますが、そのような医院には共通点があるような気がします。


スポンサーリンク




【ダメな歯科医院の共通点】
・自分のお金と窓口の売り上げが一緒になってしまっている(お金の公私混同)
・失敗は他人のせいにする傾向がある
 1、患者が来ないのはホームページが悪いから(HP会社の責任)
 2、インプラント治療で上手くいかないのは製品が悪いから(インプラント製品のせいにする)
 3、スタッフや患者のせいにする
・従業員(歯科衛生士や歯科助手、勤務医)に良く当たり散らす(従業員が院長の顔色を伺わなければいけない)
・勉強会などに参加しても良い所しか目に入らない(「あの先生は午前で仕事が終わって月1000万売り上げがある。良いな〜」と単純で欲しかない)
・勉強会など一切参加しないorしたことがない(勉強よりも遊びや趣味が優先)
・スタッフへの労いが一切ない(誕生日、忘年会、新年会など)
・医院が汚い。(滅菌パック、グローブなど備品に金をかけず、院内清掃、酷いところはエアコン清掃すら一切しない)
・自分が一番偉いと思っている
・暖かくなったら患者が来ると思ってる(根拠のない希望的観測)
・インプラント治療の患者だけを1本釣りしたい(良い所だけ欲しい)
・患者さんの説明はそっちのけ(それで嫌なら結構!他でどうぞ!と説明が上からで短絡的すぎ)

患者だけでなく、人が来なくなる原因を自ら作っていることにすら気づかない。
こんな所でしょうか?

歯科運営が厳しく、かなりの負債も相当抱えた所に対して「絶対に返済することのできないのに銀行から融資させる」コンサルタントと称する会社があります。
もはやそんなのはコンサルタントでも何でもありません

実際に経営改善はとても神経を使います。
先生のプライドもあるのでしょうが、そんなプライドよりも医院を再建する方が大事で、そのプライドを優先させてしまえば泣くのは従業員であり患者であり、最終的には先生が泣くことになります。

だから最初はかなり先生と衝突します。
そうでもしなきゃ変わらないからです。

まあ、たまにですが言われますね。
「何にも知らない奴が偉そうに〜」と先生は陰口をスタッフに漏らします。
でも良いのです。
偉そうにと言われようが何だろうが、ダメなところはダメ。
売り上げと患者さんやスタッフの満足が上がれば先生の借り入れが減っていくのですから。

それで良いと思っています。


経営再建に邪魔になるもの


経営再建で邪魔をするのが「昔取った杵柄」です。

今まではこれでやって来れた。
だから今までの方法でやりたい。

これがかなり邪魔をします。

でも、それも変えなければいけなくなります。
もちろん良いところは残しつつです。

そうでもしなければ医院を閉めても、年齢で引退しても、その先生には莫大な借金だけが残ることになります。

確かに融資してしまえば簡単ですが、経営自体が改善されなければ融資実行額はあっという間に溶けてしまいます。
上記に当てはまれば、せっかく出た融資は趣味に遊びに大半が使われてしまうことでしょう。

最近は、潰れそうな歯科医院に対して「なんとか銀行から融資させますので今のホームページをウチに管理させて下さい!」というような、グループで根こそぎお金を持って行ってしまうような所もあります。

どう考えても返せないのに融資をさせるのも正直考えものです。

このような悪徳営業にも注意が必要かと思います。

ですが、今現金が無い歯科医院にとっては目先のお金に目が眩んでしまうのでしょうね。
これでは事業計画もへったくりもありません。
お金を返すためのインプラント治療は、患者さんに無理を発生させることにも繋がります。
だから急がせない治療が必要なのです。


私の場合の歯科経営再建方法


私への依頼は「経営再建」もありますが、「売り上げを伸ばしたい」という依頼もあります。
「今、年間○○万売り上げがあるのだが、あと○○万伸ばしたい」という依頼です。

ちなみに私の場合の経営再建方法は、HPや月間のランニングコストの削減よりも、院内の改善が先と考えていますので、

・予約の取り方(治療間隔・キャンセル防止なども)
・接遇面
・衛生面
・問診票のチェック

これらを先に行います。
それから経理面を見てランニングコストの削減を行います。

経営が上手く行っていないところは日計表や領収書、そして材料費などの書類関係がボロボロの所が多いです。
HPなども内容の割には良い金額を取られているケースも多いですね。
院内の備品の購入や造作工事などの費用も結構相場以上に割高で取られていますね。
まあ、「歯科値段」というのがあるくらいですから。

私の場合はHPが管理できる状況であればパソコンを持ってその場で変更や追加ができるので、HP会社と医院のリースなどの契約状況が終わっていれば大幅なコスト削減ができると思います。
治療のことを知っているから先生からすればかなり楽だと思います。
いちいち治療用語の説明をしなくて済むわけですから。
骨吸収を起こしている箇所や歯周病の箇所に○や矢印を付けるくらいワケないです。
なんせインプラントのオペも50症例は目で見ていますから(笑)
パノラマも1000枚以上は見ていますので、おおよそのことはわかります。
患者さんへの説明も出来ます。

あと、院内の制作物。
歯科衛生士の記録簿、診察券、紹介カード、名刺など、印刷物はすべてデータから作れるので、元データ(ロゴなど)があれば短時間で簡単に作れます。
Illustratorがあるので業者に頼むより、印刷所に直接注文を出すので既製品の注文の必要がありません。
これらの費用もバカになりません。

先生にとってはいちいち専門用語の説明をする手間が省けるので便利で使い易いでしょう。
ほとんどの先生はその場で説明するか、パノラマのデータと簡単な文章をメールで送るだけなので楽だと思います。

上手に使ってくれる先生にはメリットが大きいと思います。
完全に人任せや、人の責任にする先生には使いにくいでしょう。

優先順位は「売り上げを上げる事」ですから。

チラシや宣伝などの率の悪い瞬間最大風速的な戦術はしません。
経費の無駄です。
莫大な宣伝費を掛けても受け入れる所が変わらないのですからきっと患者さんをリリースします。

これを「自転車操業」と言います。


戦術は「正攻法」が一番

今まで歯科業界を長く見てきて、確実に患者さんの来院数を伸ばしているのが「治療方針が明確」な所が確実に経営が安定しています。

これを見ている先生方でもいらっしゃるかもしれませんが、
「抜かない、削らない、痛くない」とホームページに書いている方。
本当にそう思っていますか?
患者さんが予防治療100%の割合なら分かりますが、そうでなければ私には嘘を書いているとしか思いません。
抜くし、削るし、痛いし・・・・
これが目立たせたい事ですか?
正直、どこのホームページにも書いてある事です。

あと、「今日は60歳女性に上顎5番のソケットリフトを行いました〜」などを書いている先生。
患者さんはコレを見て「私もインプラントやりたい!」とは正直思いません。
こんなのをいっぱい載せているのは先生の自己満足でしかありません。

では、どうやって正攻法で患者さんにアピールしますか?
患者さんが見て「ここに行きたい!」と思う内容に変えなければいけません。
その詳しい方法は「秘密」にしておきます。

その成功例を元に、患者が年々減っているという先生に5年もの間ずっと提案していましたが、なんだかんだ文章を書くのが苦手とかの理由をつけて、一切行動せず、最後には「ホームページが悪いから患者が来ない」という理由で、高額のHP会社で契約を結んでしまいました。
後から確認したら、ステルスマーケティング(偽装口コミの書き込み)で溢れていました。
とても残念です。
まあ、簡単に言うと「私のせいで患者が来ない」と言うことを言われたのです。
既存の患者さんも来なくなるのが売り上げ低下の原因の大半を占めているにも関わらず。
患者さんが足を運びたくない原因を解明しないと根本解決しません。
立地などは一切関係ないと思います。
患者ロストの原因を追求せず新患で売り上げ補填を考えていると、安易な考えに走りがちです。

経営再建は即効性はありません。
正直時間は掛かります。

一つだけ言えるのは、
「全員が一つの方向に向かって一丸となる」しか方法がありません。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 JapanImplant P.A

スポンサーリンク




implant@info

投稿者の記事一覧

「インプラント名医検索システム」編集長。

歯科スタディーグループ事務長、歯科医院事務長、歯科運営アドバイザー

web制作、コンサルタント業務を中心に、さまざまな医療関連の記事の執筆活動を行なっている。

【経歴】
家電製品や会員権などのトップセールスを経て2006年にネット通販、web制作、輸入食器卸売販売、広告代理店の会社を設立。
自社にて歯科ホームページ制作も請け負う。

日本で1番最初に韓国食器や生マッコリの通販を始め、韓国のざくろ酢(ホンチョ)を日本で流行させた実績を持つ。

歯科事務長時代には一般人でありながら歯科の個別指導も経験。
現在20箇所以上の歯科や整骨院などの医院事務長、アドバイザーを担当。

2007年歯科インプラントポータルサイト
「インプラント名医検索システム」を公開。
2017年東京交通事故治療ガイド「
整骨院・接骨院検索システム」を公開。

不運にもインプラント治療が上手くいかなかった患者さんやトラブルを抱えた患者さん、これからインプラント治療を考えている方への歯科医院選びのアドバイスを電話やメールで日々行なっている。

多数のTV番組、雑誌など積極的に取材協力している。

趣味は競馬観戦、料理

関連記事

  1. 【歯科専用コンテンツ】歯科ホームページ制作
  2. インプラント名医歯科経営写真 歯科医院の集患について【歯科専用コンテンツ】

ImplantDr.インタビュー

  1. 東京都墨田区酒井歯科医院酒井周一先生|インプラントDr.インタビュー 墨田区インプラント酒井名医
  2. 東京都豊島区池袋のインプラント歯科医院 池袋の歯科医院
  3. 東京都墨田区306デンタルクリニック中田圭祐先生|インプラントDr.インタビュー 墨田区インプラント名医306
  4. 三重県松阪市林歯科医院林尚史先生|インプラントDr.インタビュー 三重県インプラント名医林歯科医院
  5. 東京都中央区京橋冨士歯科医院宮本美佐子先生|インプラントDr.インタビュー 蕨市川口市インプラント治療富士歯科医院写真
  6. 千葉県柏市田中歯科医院田中譲治先生|インプラントDr.インタビュー インプラント名医田中譲治先生
  7. 岐阜県各務原市桜桃歯科上田裕康先生|インプラントDr.インタビュー 岐阜インプラント名医桜桃
  8. 神奈川県大和市大館(おおだち)歯科医院大舘満先生|インプラントDr.インタビュー 大和市インプラント名医大舘先生
  9. 東京都港区高村歯科医院高村剛先生|インプラントDr.インタビュー 神谷町駅高村歯科医院
  10. 新潟県新潟市江南区竹内歯科クリニック竹内祐一先生|インプラントDr.インタビュー 新潟県インプラント治療竹内歯科クリニック写真

インプラントメーカー比較一覧

インプラントメーカー比較一覧

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリットデメリット

インプラントの術式について

インプラント術式

インプラントトラブル相談室

インプラントトラブル相談室

トラブル関連ページ

  1. インプラント治療失敗?と思う前に インプラント失敗
  2. 2016年の歯科トラブル相談
  3. インプラント治療を失敗しないために
  4. 2017年の歯科トラブル相談 2017年インプラント治療相談
  5. トラブルやご相談の例 インプラントトラブル相談例
  6. ご相談内容・実績 インプラント相談実績写真
PAGE TOP