インプラントの不定愁訴

インプラント治療と不定愁訴について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インプラント不定愁訴

スポンサーリンク




不定愁訴とは?

インプラント治療を行なった患者さんでごく稀にあるのですが、CTやレントゲン上では全く問題ない、治療自体にも見た目にも問題ないのにもかかわらず、ごく稀に「舌がインプラントに触れるとしびれる」「灼熱感がある」「ミシミシする」「肩や首が凝る」などと不定愁訴を訴える方がいらっしゃいます。
不定愁訴とは、「検査をしても原因とするものが見当たらないこと」を指しています。
医学的根拠(エビデンス)と結びつかない症状ですね。
この時点で「インプラント治療が失敗した!」と思い込む方が多いですが、失敗では無いと思います!
この状況を失敗した!と思う方は、「このような症状になったのはインプラント治療ををしたからだ!」だったら治療自体に問題があったからと半分いいがかりみたいな事を言い出します。
「じゃあインプラント治療しなければ良かった」と、発想がついつい短絡的になってしまいがちです。
治療を行った先生も、「何で治療自体は全く問題ないのに、こんな症状を訴えるのだろうか?」と意味不明であり、困りはててしまいます。「少し様子を見ましょう」としか言えないです。
それは、インプラント治療をしたらこのような症状が出るという医学的根拠(エビデンス)が無いからです。

「不定愁訴」という言葉は、良く接骨院や整骨院などでは使われている言葉で、分かりやすく言うと交通事故などでむち打ち症状などが出て、レントゲンでは異常ないから大丈夫と病院に言われたけど、関節や筋肉に痛みや違和感を感じられる場合などに「不定愁訴」という言葉が当てはまります。

不定愁訴(ふていしゅうそ)とは、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因となる病気が見つからない状態を指す。患者からの訴え(主訴)は強いが主観的で多岐にわたり、客観的所見に乏しいのが特徴。症状が安定しないため治療も難しく、周囲の理解も得られにくい。

身体表現性障害、心身症、軽症うつ病、気分変調症、 パニック障害、全般性不安障害、心的外傷後ストレス障害、急性ストレス反応、適応障害などの可能性が含まれる。 自律神経失調症と診断されることも多い。

先進国であっても、ビタミン欠乏症やその他の必須栄養素の栄養失調を原因とする不定愁訴も、体力の無い子供、高齢者に見られる。
ウィキペディアより抜粋=「不定愁訴


相談者の方では女性に多い?

私はお医者さんではないのでこのような相談が電話で来た場合には複数の歯科医師の先生に確認する事が多いのですが、ご相談者の殆どの方に共通するのが圧倒的に40代後半からの女性にこのような原因不明の症状を訴える方が多く見られるという事です。

しかも、共通して神経質な方で、自分では神経質と思っていない方です。

【訴える症状】
・舌がインプラントの被せ物に当たると灼熱感がある
締め付け感がある(しかも症状がいつも続くわけではない)
・首や肩が凝る
・歯茎が突っ張る
・鈍痛

・ダルい。、他
などの症状をおっしゃる方が多いです。


不定愁訴の多くが「検索病」

ご相談者の方に、決まって同じ質問をするのですが、「そのご自身の症状を1日ネットで検索する時間はどのくらいですか?」と聞くと、殆どの方が毎日と言うのです。
検索窓に「インプラント 痺れ」とか、「インプラント 原因不明」などのキーワードを調べては、様々な情報を拾ってしまい、もしかしたら自分もこうなのかもしれない!と違う事まで思い込んでしまう「負のスパイラル」を自ら起こしている方が特に多いです。
すべての行動や生活リズムがネガティブパターンなのです。
中にはあちこちの病院に行っては紹介状を書いてもらい、また違う病院に行ってその都度検査してという繰り返しを10年も続けられてた高齢者の方もいらっしゃいました。

でも結果はどこに行っても「異常なし」と言われているのです。

ある歯科医師の先生が言うには、まず「神経症=うつ」を疑った方がいいと。
それはそれで根本的解決にはなりませんが、お医者さんの事を信じて薬が処方されて、その薬を飲み続けるということを繰り返します。

患者さんを歯科業界から精神科に丸投げした感じは否めません。

しかも相談者の方は、自分ではうつと認めたく無い方が多いので、それを伝えると突然怒る方も多いのです。

この感情の起伏や自覚症状が無いのがさらに不定愁訴を悪化させる原因にもなっているかもしれません。
更年期障害や自律神経失調症などいろんなものがミックスして、特定ができないと言う事はあるのかもしれませんね。
まず、自分の状況をしっかりと受け入れて、生活リズムを正しく戻し、気持ちから改善していかなければ治るものも治らないと先生は言ってました。
ポジティブパターンの生活リズムや行動の方にはこのような症状を訴える方は圧倒的に少ないです。
むしろインプラント治療をやって良かった!と幸せいっぱいに明るく話をされる方が多いですね。
そう考えたら、お悩みの方はどちらの方が良いですか?
まずは気持ちから改善しませんか?

治る方は「自軸がしっかりしている人」ですから。


少し様子を見ましょう!としか言えない

医学的検査で異常がない。前例が無い。医学的根拠(エビデンス)が無い。このような場合には歯科医院でも「様子を見ましょう」としか言えません。
でも、この時に
「先生に症状を訴えたけど何もしてもらえなかった!」「いつも様子を見ましょうとしか言われない」
「でもインプラントをしてからこの症状が出るようになったのだからインプラントが悪い!=先生の治療が悪いんでしょ!」→「インプラント治療失敗と自分で勝手に決めつける」
と、悪い方向に気持ちが向いてしまう患者さんがいらっしゃいます。
こんなんだったらインプラントしなければよかったとまでおっしゃる方も。

中にはインプラント治療を行ったからシェーグレン症候群になったと言うメチャクチャな方もいらっしゃいました。(←たぶんインプラントとの因果関係は無いと思いますが。本人さんはそうだと思い込んでいる。)
原因が分からないものに対しては医師は正直何もできないので、様子を見ると言うことが最善なのです。
この流れのまま大きな病院などに行って、検査を受けた多くの方が、最終的に心療内科や神経科に回されて薬を処方されて飲み続けるという方も少なく無いと思います。
これは実際にあった話なのですが、「症状が出る」「おかしい」と言っていた相談患者さんに歯科医院を紹介し、「全く問題ないから大丈夫だから!今日から1週間薬の服用もやめて、インターネットでの検索もやめて我慢してごらん!天気の良い日に毎日1時間散歩してね!絶対だよ!約束守れる?」と、自己暗示的に患者さんに説明し、1週間後の診療の時には顔は晴れやかになって症状も出なくなったという方が何人かいらっしゃいます。
そう考えるとやはり「神経症」「思い込み」なども原因になっているのかもしれませんね。


糖質とMSGの過剰摂取も不定愁訴を引き起こす?

ある歯科医院の先生に協力してもらい、なかなか症状が改善されない患者さんや不定愁訴患者さんのの普段の食生活を聞いてもらいました。

そうすると「糖質の異常摂取」の方が結構いらっしゃるんです。
もともと歯医者さんに通う理由は「虫歯」の治療がほとんどですよね。
甘いものを食べて虫歯になるというパターン。

もともと歯科には糖質異常の患者さんが多く集まる場所と言っても過言じゃありません。

お菓子、ケーキなど身体が甘いものを欲しがっている!というのは中毒と言ってもおかしくないでしょう。
最近は「エナジードリンク」なんかが流行ってますよね。
缶1本あたり恐ろしい程の砂糖が入っています。
3gのスティックシュガーにして20本ほど。

食品の成分表示や原材料のところに「アミノ酸」と書いてありますよね。

あれって「グルタミン酸ナトリウム(MSG)」です。
科学の力で脳が美味い!と感じる訳ですから中毒になるのは当たり前です。


スポンサーリンク




不規則な生活の上に食生活も乱れていれば、不定愁訴を引き起こす可能性も「大」ということです。
病気になるのも自分。
病気を治すのも自分。

これを機に日本人本来の食生活に戻してみては如何でしょうか?


このような患者さんの特徴

・夜眠れない(睡眠薬を飲まないと眠れないと勝手に思い込む)
・夢を見る(食いしばりや歯軋り)
・色んな事が気になる(鍵を閉め忘れた、ガスの消し忘れ、電気を消したか?気になる人)
・ネット上の情報にとらわれすぎ(特に高齢になってからのネット中毒)
・家族や友達の意見を優先する(自軸がない人)
・心療内科に通院している(病気と診断され効かない薬のお世話になる)
・アニメやフィギアなどのものに対する依存傾向が強い
・変なこだわりが強い
・若い時で時間が止まったままの人
・感情の起伏が激しい(落ち込む、怒る、話が長い、メモを取る、等)
歯科では時系列をすべて説明する様な話が長い患者さんは一見慎重さが伺えるのですが、実際は慎重などではなく「ただ単に話を聞いてもらいたい」という傾向が強い患者で、私はこれだけ悩んでいるのです!苦労しているのです!と悲劇をアピールし、同情してもらいたいというのがほとんど。
そのような患者の半数は治療に踏み切らない「あちこち聞いて廻るだけ症候群」だとおもいます。
その様な患者さんに「それでどうしたいのですか?」と聞くと黙ってしまう方が多いのです。
もし歯科の先生がこの文章を見ているならば、その様な患者さんにどうしたいのかハッキリと聞いてみてください。
その相談以降も聞いて廻る様な行動をする患者さんかどうかを判断してみてください。
もし患者さんがこの文章をみているならば、いつからその様な行動を取る様になったのか考えてみてください。そしてどれだけ治療から遠ざかっているのかを。脱薬、そして食生活の改善と規則正しい健康な生活をしてみてください。ネガティブな相談をするよりも、健康に興味を持ち、美味しいレストランを探すなど、そういう思考に切り替えられる方が治ると思います。

これらは一般的に
・鬱(うつ)
・神経症
・統合障害
・自律神経失調症
・パニック障害
・発達障害
・強迫性障害

精神科や心療内科的にはこの様に診断されてしまいます。
これらはあくまでも病名であって、一言で言うと脳内化学物質の分泌異常なのです。


インプラントの不定愁訴は乗り越えられる?

ズバリ言います!

「インプラントの不定愁訴で苦しみ死んだ方?」とか「インプラント不定愁訴は乗り越えられる?」と検索しているうちは絶対に治りません。

これだけは断言できます。

どんな名医に出会おうが、治す力のほとんどは人間の持つ免疫力や精神力です。

どんなに良い治療の施しを受けても、患者さんの精神が病んでいれば良い治療もダメと思い込んでしまいます。

その不定愁訴の原因が「インプラント治療によるもの」と勘違いしているからおかしくなるのです。

検索しているうちに自らがそうなってしまうのです。

まず検索する事を止め、多くの健康な方が送っている生活と同じように過ごす。
食生活がインスタントや買ってきた惣菜中心の方は自炊に切り替える。
長く飲み続けている薬で改善が見られない場合は減薬、断薬に向かい努力する。
薬を長く飲んでいても聞かないという事は無駄ということ。
飲み続けている限り病気であり続けるという事。
「薬を飲まないと不安」とか思ってしまうのは中毒と同じ。
甘いものを食べて多幸感が得られるのと一緒で、砂糖も中毒。

今現在がその状況に取り憑かれていることを受け入れ、現状から脱却しないといけません。

このような行動を取る患者さんの多くは既に、歯科治療における明確とした技術的なミス(エラー)では無く、歯科心身症と言われるものに属しています。
不定愁訴ではないケースも多くみられます。
その理由としては、不定愁訴であれば何らかの症状が出ているのに対し治療を行なったりの行動をするのですが、そのような人はそれとは全く違った行動を取ります。

例えば、不定愁訴であればyahoo!やGoogleの検索でも「歯茎が突っ張る」「被せ物が高い」などの症状を入力して調べます。

ですが、そのような領域に達している方はそのような検索をしません。

「不定愁訴 苦しみ死んだ方」「死ななきゃいけない」といったようなネガティブキーワード検索を、もはや歯科治療とは一切関係無いキーワードを入力し続け、延々と調べる傾向にあります。

このような場合のほとんどが歯科治療以外の何かのきっかけでも起こりうるのにも関わらず、それを歯科治療が原因と思い込んでいるだけであり、悩んでいる自分が「私はこれだけ長い期間苦しんでいる」とか「自分がその症状じゃ無いからわからないのよ」と悲劇のヒロイン的な思い込みを主張します。

現に治療に足を運ぶような行動を起こさないのが何よりの証拠です。


要は、この時点では「不定愁訴で苦しんでいる」のでは無く、「歯科心身症だということを自分自身が受け入れられない」という現状なのです。

だから自分と同じ人がいるのでは無いか?とネットで探し続けるわけで、酷い方であれば「傷の舐め合い」みたいな行動を取るわけです。

これが絶対に治らない方、

いや、治そうとしない方の負のスパイラルなのです。

それで決まって「薬」「砂糖」などの摂取。
生活リズムの乱れがほとんどの方に共通しているのです。

検索し続けるのも「依存」。
薬も中毒。
砂糖も中毒。

医師の内海聡先生や近藤誠先生をはじめ、多くの医師や歯科医師も砂糖や薬の中毒について著書に書いています。

そして当サイト
インプラント名医検索システム編集長の協力著書です。

早くそこから脱却しなければいけませんね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2019 JapanImplant P.A

スポンサーリンク




implant@info

投稿者の記事一覧

インプラント名医検索システム
この記事を書いたのは
【編集長プロフィール】
10年以上インプラント治療や歯科治療に悩む方やトラブルになった方の電話相談を行うなか、複数の歯科医院の事務長、歯科スタディーグループ事務長、歯科や整骨院などの経営アドバイザー、web制作、コンサルタント業務を中心に、さまざまな医療関連の記事の執筆活動を行なっている。

【経歴】
1973年東京都生まれ
2006年にネット通販、web制作、輸入食器卸売販売、広告代理店の会社を設立。

日本で1番最初に韓国食器や生マッコリの通販を始め、韓国のざくろ酢(ホンチョ)を日本で流行させた実績を持つ。
歯科の個別指導も経験し、現在20箇所以上の歯科や整骨院などの医院事務長、アドバイザーを担当。

インプラント治療が上手くいかなかった患者さんやトラブルを抱えた患者さんの電話相談、インプラント治療を考えている方への歯科医院選びのアドバイスを日々電話やメールで行なっている。

TV番組、雑誌など積極的に取材協力している。
協力著書に「赤ずきんちゃん お医者さんは気をつけて」

2007年歯科インプラントポータルサイト
「インプラント名医検索システム」を公開。
2017年東京交通事故治療ガイド
「 整骨院・接骨院検索システム」を公開。

関連記事

  1. インプラント相談会での注意すべき点
  2. 神谷町駅高村歯科医院 東京都港区高村歯科医院高村剛先生|インプラントDr.インタビュー…
  3. 運営者情報
  4. 三重県インプラント名医林歯科医院 三重県松阪市林歯科医院林尚史先生|インプラントDr.インタビュー…
  5. 2016年の歯科トラブル相談
  6. 治療の前に思考を変えなければ治らない
  7. 小山市インプラント名医覚本 栃木県小山市覚本歯科医院覚本嘉美先生|インプラントDr.インタビ…
  8. 岐阜インプラント名医桜桃 岐阜県各務原市桜桃歯科上田裕康先生|インプラントDr.インタビュ…

ImplantDr.インタビュー

  1. 東京都新宿区岸本歯科医院岸本幸康先生|インプラントDr.インタビュー 新宿インプラント名医岸本
  2. 東京都墨田区酒井歯科医院酒井周一先生|インプラントDr.インタビュー 墨田区インプラント酒井名医
  3. 千葉県匝瑳市ひがた歯科医院大渕澄人先生|インプラントDr.インタビュー 匝瑳市ひがた歯科医院
  4. 三重県松阪市林歯科医院林尚史先生|インプラントDr.インタビュー 三重県インプラント名医林歯科医院
  5. 東京都中野区林歯科医院林昭彦先生|インプラントDr.インタビュー 中野区インプラント治療林歯科医院
  6. 神奈川県大和市大館(おおだち)歯科医院大舘満先生|インプラントDr.インタビュー 大和市インプラント名医大舘先生
  7. 埼玉県所沢市萬葉(ばんば)歯科医院萬葉陽己先生|インプラントDr.インタビュー 所沢市インプラント名医萬葉先生
  8. 千葉県柏市田中歯科医院田中譲治先生|インプラントDr.インタビュー インプラント名医田中譲治先生
  9. 東京都墨田区306デンタルクリニック中田圭祐先生|インプラントDr.インタビュー 墨田区インプラント名医306
  10. 新潟県新潟市江南区竹内歯科クリニック竹内祐一先生|インプラントDr.インタビュー 新潟県インプラント治療竹内歯科クリニック写真

インプラントメーカー比較一覧

インプラントメーカー比較一覧

メリット・デメリット

メリットデメリット

術式について

術式

インプラント電話相談

インプラント電話相談

トラブル関連ページ

  1. インプラント治療を失敗しないために
  2. 2016年の歯科トラブル相談
  3. トラブルやご相談の例 インプラントトラブル相談例
  4. ご相談内容・実績 インプラント相談実績写真
  5. 2017年の歯科トラブル相談 2017年インプラント治療相談
  6. インプラント治療失敗?と思う前に インプラント失敗
PAGE TOP