インプラント関連

インプラント治療とマグネットデンチャー2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




下記は、【マグネットデンチャー・インプラント】「総入れ歯タイプ」の図解です。
先ほどの「部分入れ歯タイプ」のように「クラスプ(引っ掛ける金属)」は見えません。
インプラント体(フィクスチャー)の埋入本数も少なく済むので、患者さんにも経済的なのが見て分かります。
これだと身体への負担も少ないので骨量が足りないと言われた方でも治療ができる可能性がありますね!

【写真1】からどうなっていくのか?【写真2】【写真3】の順で解説していきます。


総入れ歯インプラント1

【写真1】は前歯の部分には、すでにインプラントが2本埋入されていて、超小型高性能磁石が見えているのが分かりますでしょうか?

 

インプラント矢印

インプラントマグネットデンちゃ全体写真2

【写真2】アタッチメント(装置)とインプラントの磁石の部分がピタッとくっつきます。 取り外しももちろん簡単ですが、何と言っても余計な力が加わると外れてくれるので、インプラントの一定部分に負荷もかからず均等に力が分散されますので、これもメリットの1つと言えるのではないでしょうか?

 

インプラント矢印

インプラントマグネットデンチャー完成3

【写真3】完全に装着された写真です。 まず、見た目がとても自然なのが良いですよね。 もちろん患者さん個人個人の専用設計ですのでぴったりフィットします。

 

インプラント治療を行ったが、治療が上手にいかなくて抜かなくてはならなくなった。

骨量が足りないといって断られてしまった。
インプラントの本数が複数本必要で、ALL-ON-4には経済的に余裕が無い。
という方でも最後まで諦めないで済むかもしれません。


スポンサーリンク




インプラント埋入時における身体的負担も少ない。
これが「マグネットデンチャー+インプラント」の素晴らしさと可能性だと思いました。

写真提供田中歯科医院 審美インプラントセンター柏 田中譲治先生のDr.インタビュー
千葉県柏市 田中歯科医院 公式ホームページ


これからのインプラント治療の方向性

機能回復や機能補填のためのインプラント埋入ではなく、「より快適に」「より安全に」をモットーに、もっともっと大きく変わっていくことと思います。
時代は侵襲性の高い「サイナスリフト」より、低侵襲の「ソケットリフト」を行う先生が増え、インプラント体(フィクスチャー)も骨との結合スピードが、より早くなったり、緩みにくい構造の製品が出て来ました。

「拡張性」や「応用性」、「機能性」、「安全性」が求められることにより、
ただ埋入するだけで一般治療も行わないような「インプラント屋さん」や、ただ単に「安売りだけのインプラント屋」はきっと少なくなることと思います。むしろ患者様がそういった歯科医院を選ばなくなると思われます。

今までも、かなり多くの患者様からの相談にもありましたが、治療を行った箇所の歯肉と被せ物の隙間のインプラントの金属部分が見えてしまうというなどといった「計画無き治療」での悩ましいご相談も複数ありました。
その多くの相談患者さんは治療を行った歯科の先生から
「ちゃんと噛めるようになったんだから、審美は文句を言うな!」
「だれが噛めるようにしたと思っているんだ!あなたは細かすぎ!」
「別に笑った時に見えないでしょ!だから大丈夫!」そのような言われ方をされてきたそうです。

これからはただ噛めるようになるだけの治療を受けるのではなく、包括総合治療としてインプラント治療を行う歯科医院を探すべきです。

より「医科」に近い、高度な技術の歯科医院を!
より「安心できる」歯科医院を!
より「患者様の気持ちを理解してくれる」、より「患者様目線で説明してくれる」歯科医院を!

きっと患者様の動向はそうなってくると思っています。よって、そのような先生、歯科医院を掲載していきたいと思っております。

2017/1月 更新


スポンサーリンク




implant@info

投稿者の記事一覧

インプラント名医検索システム
この記事を書いたのは

【編集長プロフィール】
インプラント体など歯科材料販売や歯科HP製作で数多くの歯科医院を見てきた経験や、過去に歯科の個別指導を受けた経験を生かし、10年以上インプラント治療が上手くいかなかった患者さんやトラブルを抱えた患者さんの電話相談、インプラント治療を考えている方への歯科医院選びのアドバイスを日々電話やメールで行なっている。

・歯科医院の事務長
・歯科勉強会(スタディーグループ)事務局長
・歯科、整骨院、飲食店、商品開発などの経営戦略アドバイザー
・コーチングやコンサルタント業務
・医療関連の記事の執筆活動

独学で覚えたWebやデザインなどを駆使し、歯科や接骨院のHP製作やショップカード製作、POP製作などにも携わる。

【経歴】
1973年東京都生まれ
2006年にネット通販、web制作、輸入食器卸売販売、広告代理店の会社を設立。
日本で1番最初に生マッコリの通販や、韓国のざくろ酢(ホンチョ)を日本で流行させた実績を持つ。

TV番組、雑誌など積極的に取材協力している。
協力著書に「赤ずきんちゃん お医者さんは気をつけて」

2007年歯科インプラントポータルサイト
「インプラント名医検索システム」を公開。
2017年東京交通事故治療ガイド
「 整骨院・接骨院検索システム」を公開。

関連記事

  1. 患者さん専用お問い合わせ
  2. セメント合着?ネジ止め?どっちがいいの?
  3. ダメな歯医者 インプラント治療でこんな歯医者さんには行ってはいけない
  4. インプラントの術式 (operation method of i…
  5. インプラント治療の費用について3
  6. 名医検索システムへの掲載 ご掲載をお考えの歯科医院様へ
  7. 歯科で嫌われる患者 嫌われる患者さん
  8. 治療中〜治療後

インプラントDr.インタビュー

  1. 東京都新宿区岸本歯科医院岸本幸康先生|インプラントDr.インタビュー 新宿インプラント名医岸本
  2. 東京都港区高村歯科医院高村剛先生|インプラントDr.インタビュー 神谷町駅高村歯科医院
  3. 東京都墨田区306デンタルクリニック中田圭祐先生|インプラントDr.インタビュー 墨田区インプラント名医306
  4. 東京都豊島区大村歯科医院大村欣章先生|インプラントDr.インタビュー 豊島区インプラント名医大村
  5. 千葉県匝瑳市ひがた歯科医院大渕澄人先生|インプラントDr.インタビュー 匝瑳市ひがた歯科医院
PAGE TOP